福岡高裁那覇支部 南洋戦控訴審判決 原告の訴えを棄却

沖縄テレビ カテゴリ:地域

南洋群島やフィリピンなどで戦争の被害を受けた県出身者や遺族らが、国を相手に謝罪と損害賠償を求めた裁判の控訴審で福岡高裁那覇支部は一審判決を支持し控訴を棄却しました。

この裁判は南洋群島やフィリピンで太平洋戦争に巻き込まれた県出身やその遺族40人が、国に対し1人あたり1100万円の損害賠償と謝罪を求めているもので去年、一審判決で訴えが棄却されたことを不服とし、原告が控訴していました。7日の判決で福岡高裁那覇支部の大久保正道裁判長は「南洋戦は国家賠償法の施行前であり当時の明治憲法では国は不法行為の責任を負わずまた賠償責任を負う根拠はない」として一審判決を全面的に支持し控訴を棄却しました。この後、原告団は会見を開き判決は不当で「司法の責務を放棄したと言わざるを得ない」とする抗議声明を発表しました。▽原告団長柳田虎一郎『住民を救済する意思がない判決だった人間の命は等しく尊いと思っている(軍人と民間人を)分けるのは悔しいという思い』

原告は判決に納得できないとして上告する方針です。