鳥取県日野川に稚アユを放流

山陰中央テレビ 地域

鳥取県西部を流れる日野川で園児達がアユを放流した。稚アユの放流は、日野川漁協が毎年行なっていて、日吉津保育所の園児達たちが大きくなってねと願いを込めて川に放した。稚魚は日吉津村のアユを育てる施設で採卵後人工ふ化させたもので体調約13センチ、2万匹を放流。漁協によると日野川の天然アユの遡上は、ここ5年ほど減少傾向で今シーズン6月末までに100万尾を放流し資源の確保につとめる。放流した稚アユは6月1日の解禁日には約20センチくらいまで育つという。