24年ぶりの選挙戦…統一地方選“後半戦” 石川・川北町長選挙告示 新人と現職の一騎打ちに

カテゴリ:地域

 統一地方選挙後半戦の一つ、石川県の川北町長選挙が告示され、新人と現職による一騎打ちの選挙戦が始まりました。

 川北町長選が選挙戦となるのは24年ぶりです。

 川北町長選挙に立候補したのは新人の中村勝巳候補と現職の前哲雄候補の2人です。

 町の元教育委員で新人の中村勝巳候補。住民から直接意見を聞くタウンミーティングの開催を提案し町政の刷新を訴えます。

 一方、3選を目指す現職の前哲雄候補。企業誘致などの実績をアピールし安定した町政の継続を求めています。

 小さな町を2分する争い。川北町長選挙が選挙戦となるのは1995年以来24年ぶりです。

 また5つの町議会議員選挙も告示され、穴水と志賀の2つの町議選が選挙戦に突入しました。川北町長選挙と町議選は4月21日投開票です。