小学生に理科の楽しさを ものづくりと実験の体験教室 講師は大学生や高校生 静岡理工科大学

テレビ静岡 カテゴリ:地域

実験などを通して子供たちに理科に興味を持ってもらおうと、袋井市で大学生や高校生が講師を務める体験教室が開かれました。

静岡理工科大学の学生が毎年企画していて、「ものづくり」と「実験」の2つのテーマが用意されました。

ものづくりの教室では子供たちが紙コップとモーターを使ったロボット作りに挑戦し、完成したロボットが動くと嬉しそうな表情を浮かべていました。

また、色が変わる色素を持つ紫キャベツの液体にドライアイスを入れる実験では、液体の色が様々に変化する様子を不思議そうに観察していました。

主催者は「小さい頃から実験に触れ、理科の楽しさを感じてもらえれば」と話していました。