新観光列車「WEST EXPRESS 銀河」 山陰路への初便運行を要望(山陰)

カテゴリ:地域

 JR西日本が来年春からの運行を予定している新たな観光列車「銀河」、初便の運行で山陰地方を走らせるよう両県知事がJRにアピールした。

 海や空をイメージしたブルーの車両「WESTEXPRESS銀河」。列車は6両編成で約90の座席は全て指定席、個室やフラットシートなど1両ごとに様々なタイプの座席が用意されている。

 京阪神と山陰・山陽方面を結ぶルートが検討される中、9日は松江市で島根・鳥取両県知事が、JR西日本の来島社長に銀河の初便を是非山陰側に走らせるよう求め、要望書を手渡した。

 島根県の丸山知事は「一番注目されるタイミングで山陰を走ってもらうことによるPR効果は非常に大きいと思っている」と話した。

 豪華寝台列車「瑞風」も好調なことから、両県はタッグを組み、銀河の初便運行を実現したいとしている。