島根県警が可搬式オービス導入

山陰中央テレビ 地域

島根県警では速度違反を記録し取り締まるオービスをどこにでも設置可能な可搬式の装置を導入し公開した。

これまでのオービスは高速道路に固定で設置されていましたが、今回導入された可搬式オービスは小型で、重さも15キロと軽量なため、簡単に持ち運んび設置することが可能。

そのためこれまで速度違反の取り締まりが難しかった通学路や生活道路など住民から要望が出ている場所でも運用が可能になる。

この装置は一式で約1000万円全国でも21台しかなく中国地方では初めての導入となる。この可搬式オービスは13日から実際運用される。