海自最大の護衛艦「かが」福井県敦賀に初寄港

カテゴリ:地域

海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が14日、福井県敦賀港に初めて寄港し、その姿を一目見ようと9000人余りの見学者が訪れた。

護衛艦「かが」は全長約250m、飛行甲板の広さはテニスコート約50面分。今年5月に来日したアメリカのトランプ大統領も視察した。自衛隊の活動に理解を深めてもらおうと県内に初めて寄港し、歓迎式の後の一般公開では大勢の人が内部を見学したり、記念写真を撮ったりした。

一般公開は15日も午前8時半から午後1時まで行われる。