テロ対策に官民一体 五輪・ラグビーW杯に備えてネットワーク設立 不審物撤去訓練も見学

テレビ静岡 カテゴリ:地域

ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックの開催を見据え、官民一体となってテロ対策を進めるためのネットワークが設立されました。

「テロ対策ネットワーク菊川・御前崎」には警察や行政、交通機関など20団体が参加しています。

総会で菊川警察署の岩瀬栄署長は「テロ対策には官民一体で、地域に応じた対策が必要です」と協力を呼びかけました。

このあと参加者は県警の不審物撤去訓練を見学し、テロに対する意識を高めていました。

菊川警察署 内藤衛警備課長

「浜岡原子力発電所や御前崎港といった重要なハードターゲットと呼ばれる施設を多数もっている。絶対にテロを起こさせない許さないという強い気持ちでやっていきたい」

今後は会議や訓練を重ね連携を強化するとともに、広報活動を通じて市民の意識も高めたいとしています。