熊本ヴォルターズが必勝祈願 被災地の益城町を訪問 B1昇格誓う 熊本

カテゴリ:地域

9月21日に開幕を控えたB2熊本ヴォルターズが10日、熊本市の健軍神社で必勝祈願しました。新指揮官のネナド・ヴチニッチヘッドコーチらが玉ぐしをささげて今シーズンの健闘を誓ったあと益城町へ。東無田地区の住民から地震の復興状況などを聞きました。「いまは道もきれいに整備され始め建物も建っているので(その様子に)僕たちも勇気づけられる」と小林慎太郎選手。震災当時から在籍する選手はわずか2人となったヴォルターズですが、選手らは「プレーで熊本に力を」と気持ちを新たにしていました。新加入の石川海斗選手は「B1に行って、選手として活躍してほしいという気持ちが(住民に)あると思うので、そういう人の思いも背負って戦いたい」と抱負。21日は熊本県立総合体育館でB3から昇格した越谷アルファーズと対戦します。