鏡開き 長崎市の興福寺のぜんざいは住職の特製

テレビ長崎 カテゴリ:地域

11日は鏡開きです。長崎市の興福寺で参拝客に鏡餅の入ったぜんざいがふるまわれました。

炭火でおいしそうに焼きあげられた餅。鏡開きは1年の無病息災を願い、正月にお供えしていた鏡餅を11日に食べる新年の習わしです。

長崎市の興福寺では訪れた参拝客に鏡開きにあわせて作った特製のぜんざいがふるまわれました。

用意された200食分のぜんざいは大納言小豆を使っていて、甘さを引き立てるために厳選した岩塩を使うなど住職のこだわりが詰まっています。

訪れた人たちはあつあつのぜんざいを食べながら、1年間の健康と幸せを願っていました。