長崎観光のスポット「出島」にあるミニ出島がお色直し

テレビ長崎 カテゴリ:地域

細かいところまで忠実に再現しました。長崎工業高校の生徒が、長崎市の出島にある「ミニ出島」を修復し、設置作業にあたりました。

大きな荷物を抱えて、長崎工業高校建築科の3年生、16人が出島にやってきました。手にしているのは「ミニ出島」の模型です。「ミニ出島」は、江戸時代後期の出島を実物の15分の1の大きさの模型にしたものです。雨風などで腐食や傷みがひどくなり、市の依頼を受けた長崎工業高校の生徒が、7年前から、毎年、課題研究の授業で修復作業にあたっています。今回新しく生まれ変わったのは「料理部屋」や、「筆者蘭人部屋」など6棟の建物と「旧出島橋」です。

長崎工業高校3年 前田武尊さん「雨は想定していなかったが、思った以上に作ってきた分がはまっていたので、意外とすんなりできた」

長崎工業高校3年 里美有さん「出島自体にない建物も、ここに全部あるので、ぜひ見て欲しい」

48ある建物のうち、今回で37棟の修復が完了し、今年度中には、別の建物の屋根なども修復する予定です。