鈴の音を頼りに全力プレー!ゴールボール

沖縄テレビ カテゴリ:地域

視覚障害のある選手がプレーするスポーツ「ゴールボール」の体験会が10日、沖縄盲学校で開催された。

2020年東京パラリンピックの正式種目である「ゴールボール」は視覚障害のある選手たちが競うスポーツ。

選手は目隠しをして鈴の入ったボールをゴールめがけて転がし、相手チームはその音を頼りに体を使ってディフェンスし得点を競い合う。

参加者は音や気配を探りながらゴールめがけて一生懸命ボールを投げた、り体を張って得点を阻止したりして競技に熱中した。

参加した男の子「ゴールボールをもっとやってみたいなと感じています」

体験会には県出身で東京パラリンピック強化指定選手の安室早姫選手(25)も参加。

安室早姫選手「やればやるだけ面白さが分かってくるというか、ぜひ一度はやっていただきたいなと思います」

参加者は見えない敵と戦うパラリンピック特有のスポーツの奥深さを実感した。