幸せの青いハチ 【高知・北川村】

「幸せを運ぶ」といわれる美しいハチが高知県北川村のモネの庭で飛び交っています。

赤や青のスイレンが咲き乱れている北川村のモネの庭。「美しさでは負けない!」とばかりに今、園内を飛び交っているのが青いハチ「ルリモンハナバチ」です。

全国的に数が少なくその珍しさから「見ると幸せになる」とも言われています。

モネの庭では2014年に発見して以来毎年、夏になると見られるようになりました。今年は去年より1ヵ月ほど遅く、7月上旬から飛び始め梅雨明け後に数が増えてきました。青いハチはルドベキアやオミナエシなど香りの強い花がお気に入りです。

モネの庭の青いハチは9月まで見ることができそうです。