やってみよう!不思議な実験 おもしろワクワク化学の世界 【高知市】

夏休みの自由研究にもぴったりの化学の実験を楽しむイベント「おもしろワクワク化学の世界」が22日、高知大丸で始まりました。

化学を専攻する高知大学と高知工科大学の学生が考えた17の化学実験を体験できます。

色をつけた洗濯のりに食塩水を入れます。すると化学反応が起きて固まり始めます。手でこねるとスーパーボールの出来上がり。

科学捜査を体験では指紋の確認です。まずは、脂の多いお鼻を指でごしごし。その指をアルミホイルにペッタンコ次に接着剤入りのケースに5分間、閉じ込めた後蛍光液をたらします。

そしてダンボールで作った暗室で覗くと指紋の水分に付着した接着剤が青色のライトに反応し白く見えるのです。

また、酸素と反応して色が変わる液体もあり、子どもたちは化学の不思議を体験していました。

「おもしろワクワク化学の世界」は8月26日まで高知大丸で開かれています。