溝口知事1か月半ぶりの公務復帰

山陰中央テレビ 地域

食道がんの手術のため入院していた島根県の溝口知事が約1か月半ぶりに公務に復帰し、来年春までの任期を全うする意欲を示した。9日、島根県西部地震の対策会議が復帰となった。今年2月19日の県議会初日以来、約1か月半ぶりの公務となる。食道がんの手術のため、体重は10キロ程減り、今月下旬には経過検査のため上京するということ。一方で残り1年の任期については意欲を示した。