帳簿偽造で静岡市長が謝罪 原因究明と体制見直しへ

カテゴリ:地域

静岡市の職員が公的な文書である地下駐車場の帳簿を偽造していた問題で田辺市長は16日、 原因究明と組織体制の見直しを進める考えを明らかにした。

田辺市長は「今回こういう事実があったことを残念に思っています。」と記者団に話した。

この問題は静岡市が管理する駐車場について、回数券の在庫管理に関する2年分の帳簿が存在しなかった上、担当の係長が部下に指示して偽造させていたもの。

田辺市長は16日、謝罪した上で「原因究明を徹底し責任を共有できる体制にする」と述べた。

また市長は「組織の基本ですね。そういう体制を一事が万事かもしれませんので各局にもう一度点検をするように指示しました。」と続けた。

帳簿は市の規定で作成が義務付けられている公文書にあたる。

静岡市は職員の行為について虚偽公文書作成などの疑いがあるとして刑事告発も視野に警察に相談している。