カカオ豆の豆むきから 小学生がチョコづくりに挑戦 サクサクした手作りの味に舌鼓 静岡市清水区 

カテゴリ:地域

「料理」の楽しさを感じてもらおうと、

静岡市で夏休み中の子供たちが、カカオ豆から作るチョコレート作りに挑戦しました。

清水区で行われた料理教室には、小学生23人が参加し、

講師として市内のチョコレート専門店のオーナーが招かれました。

まずは、チョコレートの原料「カカオ豆」の皮むきから。一つ一つ丁寧に実を取り出します。

取り出した実を機械ですりつぶしたあとは、砂糖や粉ミルクを加え、

なめらかなチョコレートをめざして一生懸命かきまぜます。

そして型に流し込み冷やすこと15分。出来上がった手作りチョコレートの味をさっそく楽しみました。

女の子「ちょっとサクサクしてた」

女の子「思ったより大変だったけどおいしいのが作れてよかったです。」

講師は、「普段食べているものが色々な工程を経てできていることに気づいてもらえれば」と話していました。