米空軍CV-22が嘉手納基地に飛来

沖縄テレビ カテゴリ:地域

きょう午後、横田基地に配備されているアメリカ空軍のCV-22オスプレイが県内で訓練を行うために嘉手納基地に飛来したことが分りました。

基地負担の軽減と逆行する動きに地元は反発しています。きょう午後2時40分すぎ、アメリカ空軍・横田基地に配備されているCV-22オスプレイ4機が、嘉手納基地に飛来するのが確認されました。第18航空団は嘉手納基地で訓練を行うための一時的な飛来だと説明していますが、訓練内容や期間の詳細は明らかにされず基地周辺の自治体への事前通知もありませんでした。CV-22オスプレイを巡っては沖縄でも訓練を行うことがアメリカ軍の配備計画で明らかになっていて、嘉手納基地周辺の自治体は新たな基地負担に繋がるとして実施しないよう要請していましたが無視された格好です。CV-22オスプレイは普天間基地に配備されている輸送用のMV-22オスプレイと異なり、敵の陣地に切り込むなどより危険な特殊な任務を担います。嘉手納町の當山町長は沖縄テレビの取材に対し「過酷な訓練が行われるとの懸念もあり町民に与える不安を考えると決して容認できない」と憤りを露わにしました。