小学校の給食パン・袋破れ一部欠けた状態で見つかり提供中止 山形・天童市

さくらんぼテレビ カテゴリ:地域

山形県天童市の小学校で、給食のパンの袋が破れ、中身が一部欠けているのが見つかった。天童市教育委員会は、同じ業者が納入する全ての小中学校でパンの提供を中止した。

市教委によると、異常が見つかったのは、13日に市内の小学校で提供される予定だったコッペパン1個。袋の真ん中が破れ、中身が一部欠けていた。

パンは、市内の製造業者から当日朝に学校に届けられ、配膳の準備を担当するパート職員が異常に気づいた。原因は分かっていない。

これを受け、村山保健所は13日、パンの製造業者を立ち入り検査した他、天童市教委がこの業者が納入する市内13の小中学校でパンの提供を中止し、約3500個を回収した。

この業者はご飯の納入も請け負っているが、パンと製造ラインが異なるため、14日は予定通り学校にご飯を配送した。