松江武者行列 豪華絢爛時代絵巻

山陰中央テレビ 地域

約400年前に松江城を築城した堀尾吉晴公が城に入る様子を再現した武者行列が松江市内であり豪華絢爛な時代絵巻が繰り広げられた。2003年に始まった松江武者行列、今年は県内外から公募で選ばれた約250人が参加。主役となる堀尾吉晴公をはじめ、武者たちは、市民手作りの甲冑を身に付け市内約1.6キロを練り歩いた。また、松江大橋では火縄銃の合同演武を披露した。今年は早く桜が開花したため、葉桜の中での武者行列となった。