警察官を装ったオレオレ詐欺が熊本県内で急増 その巧妙な手口とは 

カテゴリ:地域

熊本県内で警察官などを装ってキャッシュカードをだまし取ろうとするオレオレ詐欺が7月から急増しています。熊本県警によりますと、県内の振り込め詐欺などによる今年の被害額は約6300万円。なかでも6月から急増しているのが警察官や行政職員を装ったオレオレ詐欺の〝アポ電〟です。受け子と呼ばれる者が警察官などを装ってアポ電をかけて家を訪れ、高齢者に「悪用されたキャッシュカードを封印する必要がある」などと言い、持参した封筒にキャッシュカードと暗証番号を書いた紙を入れさせます。その後、「割り印したいので印鑑を持ってきてください」と言って室内に戻らせ、その間に別の封筒とすり替えだまし取る手口。7月、玉名市に住む70代の女性が300万円をだまし取られるなど今年に入って県内の被害額は500万円を超えています。県警は「警察官がキャッシュカードの暗証番号を聞くことはないので、信用しないように。不審な電話がかかってきたら家族や警察に相談してほしい」と注意を呼び掛けています。