熊本県の蒲島知事 4選出馬は「判断基準は地震への対応」「しかるべき時期に判断」

カテゴリ:地域

蒲島知事は7日の定例会見で、4期目を目指すかどうかの判断基準として「熊本地震への対応」を挙げ、出馬については「しかるべき時期に判断したい」と述べるにとどめました。現在3期目を務める蒲島知事の任期満了に伴う県知事選挙は来年春に行われる見通しで、県議会の過半数を占める自民党からは4期目出馬を望む声が上がっています。知事は「スピードアップしながらやっているが、震災への対応をどこまで3期目で終えらるのかが大きな判断基準になる」と述べ、出馬への明言を避けました。自民党関係者によりますと、9月県議会で県連の前川会長が知事の態度を尋ねる方向で調整が進んでいるということです。