陸自富士学校に高田新校長が着任 750人隊員前に訓示 「災害対応できる隊員を育てたい」

カテゴリ:地域

陸上自衛隊富士学校に高田祐一新校長が着任し「災害対応のできる隊員を育てたい」と抱負を述べました。

高田氏は福岡県出身の54歳で九州北部を統括する第4師団長などを歴任し、富士学校長兼富士駐屯地司令として着任しました。

2日の着任式で高田新校長は約750人の隊員に「強靭な陸上自衛隊をつくるため、これまで以上の活躍を期待する」と訓示しました。

高田祐一 新校長

「災害の蓋然性が高まっていて、しかもその烈度が近年急激に増している。頻度も増しているということは事実です。これらにしっかりと対応していける隊員・幹部をしっかりと育てていくことが必要だと思っています」

また「これまでの歴史を大切に地域との絆を深めたい」と話し、新校長としての任務をスタートさせました。