児童29人が熱中症で搬送 福井県鯖江市・鳥羽小

カテゴリ:地域

17日午前、福井県鯖江市の鳥羽小学校で体育大会の練習をしていた児童29人が熱中症とみられる症状を訴え病院に運ばれた。診察の結果15人が軽度の熱中症と診断されすでに全員が帰宅した。

鳥羽小学校によりますと17日午前10時半ごろ校庭で全校児童約470人が翌18日に行われる体育大会の練習を行っていたところ、5年生の3人の児童が相次いで倒れたり吐き気や頭痛を訴えたりした。学校は救急車を呼ぶとともに練習を中止してほかの児童を教室に戻した。その後、教諭と救急隊員で児童全員の体調を確認しさらに熱中症の疑いのある3年生から6年生の児童26人も救急搬送した。搬送された児童29人は病院で手当てを受け、うち15人が軽度の熱中症と診断された。重い症状の児童はおらず既に全員が帰宅した。

今回の事態を受けて県教育委員会は緊急で市や町の教育委員会に熱中症の防止を呼び掛ける通知を出した。