なぜ小学生は全国平均以下? 全国学力調査 静岡県の中学生は平均以上も小学生は4科目平均以下

カテゴリ:地域

全国学力調査の結果が公表されました。静岡県は小学生が5科目中4科目で全国平均を下回った一方、中学生はすべての科目で全国平均を上回っています。

全国学力調査は子供の学力の把握を目的に毎年4月に行われています。

対象は小学6年生と中学3年生で、今年は771校・6万人あまりが「国語AとB」「算数・数学AとB」そして3年に1度行われる「理科」、合わせて5科目に取り組みました。

その結果、小学生は応用力を問う「国語B」で全国平均を0.8ポイント上回ったものの、それ以外の4科目すべてで全国平均をやや下回りました。

一方、中学生はすべての科目で全国平均を1ポイント以上上回りました。

中学生がすべての科目で平均を上回るのは5年連続です。

県教育委員会は「今回の数値については行政として真摯に受け止めたいと思っています。ただ書いたり、読んだりではなくて全体を見ながらやっていくところに課題があると捉えています」としています。

教育委員会は10月までに調査結果を分析して課題を洗い出し、授業の改善に反映させる方針です。