浜田市の民家庭先 檻でオスのクマ1頭捕獲

カテゴリ:地域

 浜田市での野生のクマの問題、5日は住宅街で大人のオス1頭が捕獲された。これで2頭目の捕獲となり、いぜん警戒が続いている。

 熊が捕獲されたのは3日、熊の爪痕やフンが見つかった浜田市国分町の民家の庭先で、浜田市が4日に檻を設置したばかりだった。

この檻を管理する猟師が朝に見回りをしていたところ、仕掛けた檻のフタが閉まっているのに気づき市に連絡。クマの捕獲を確認した。

 捕獲されたクマは体長1メートル30センチ、体重45キロの5歳から6歳くらいのオスで殺処分された。熊の捕獲は、これで先月30日の石見海浜公園についで2頭目となった。

 浜田市では、この2つの捕獲場所周辺のほかにも熊の目撃情報があることから、引き続きパトロールを行うなど警戒を緩めない、としている。