山陰の夏の味覚 鳥取産天然岩がき初出荷

カテゴリ:地域

 山陰に夏の訪れを告げる海の幸・鳥取県産の天然イワガキの出荷が始まった。

 今月1日に解禁された鳥取県沿岸の天然イワガキ。3日は午前8時から鳥取港近くの市場でセリにかけられた。ブランド名は夏に輝くと書いて「夏輝」で、鳥取県漁協が出荷する県内産のブランドイワガキ。

 直売所では、磯の香りを漂わせながら多くのイワガキが並び、小さいものは120円、8年から9年ものの大きなものでは1000円の値がついた。

 試食した女性は「生のカキは初めて食べた、サラッと食べられて生臭くないくおいしい」と食べた感想を話した。

 鳥取県漁協は8月末までのシーズン中、昨シーズンを約1割上回る150トン・1億円1千万円の売上を見込んでいる。