世界アマチュア囲碁選手権戦 松江市で開幕

カテゴリ:地域

囲碁のアマチュア世界一を決める大会が2日から松江市で開かれ、世界中から集まった棋士たちが熱戦を繰り広げている。

「世界アマチュア囲碁選手権戦」は1979年から行われていて今回で40回目、松江では8年ぶり2回目の開催。

今回の大会には、アジアやヨーロッパ、アフリカなど世界59の国と地域の代表選手が出場し、城下町・松江を舞台に静かな熱戦を繰り広げている。

大会は2日から4日間開かれ、5日に囲碁アマチュア世界一が決まる。

また会場となった島根県民会館では、プロ棋士と対局しアドバイスを受ける「指導碁」が行われたほか、女流棋士の吉原由香里六段と元AKB48で囲碁大使の戸島花さんによる囲碁教室も開かれ、来場者は囲碁の楽しさや奥深さを学んでいた。