「訴訟最終告知」のハガキ届いた70代女性 現金200万円をアパートに送り騙し取られる

石川テレビ カテゴリ:地域

 ウソの民事訴訟による架空請求詐欺で石川県小松市の70代の女性が1月、現金200万円をだまし取られる被害に遭っていたことが分かりました。

 警察によりますと1月末、石川県小松市の女性の自宅に「訴訟最終告知」と書かれたハガキが届きました。

 女性がハガキに書かれた連絡先に電話をしたところ、弁護士を名乗る人物が「民事訴訟が起こされている。現金200万円を払えば訴訟が取り下げられる」と提案してきたということです。

 電話の内容を信じた女性は翌日、現金200万円を指定された神奈川県のアパートに送付。それ以降、一切連絡は無いということです。

 同様の架空請求詐欺は後を絶たず、県警で注意を呼びかけています。