金沢工業大学が卒業研究の公開審査会 日本初“VR”で障害者スポーツ体験できる装置も

石川テレビ カテゴリ:地域

 金沢工業大学の4年生による卒業研究の審査会が13日から始まりました。

 金沢工業大学では毎年、卒業研究の審査会を一般公開していて、今年は14学科の4年生1536人が発表を行っています。

 審査会は13日と14日の2日間の日程で行われ、初日は9学科の公開審査が行われました。

 このうちロボティクス学科では、障害者スポーツである「チェアスキー」をバーチャルリアリティで体験できる日本初の装置のプレゼンに注目が集まりました。

発表した学生:

「どんな人でも楽しめる形で、もっと製品化が進んでいけばなぁと思います」

 卒業研究の審査会は14日も行われます。