“児童クラブ”で1000万円超の使途不明金 元役員の70代女性 業務上横領容疑で刑事告訴

石川テレビ カテゴリ:地域

 金沢市内の児童クラブで1000万円を超える使途不明金が明らかになった問題で、元役員の女性が業務上横領の疑いで刑事告訴されました。

 刑事告訴されたのは金沢市戸板地区の児童クラブと民生委員児童委員協議会で役員を務めていた70代の女性です。

 クラブを管轄する社会福祉協議会によりますと、去年9月、2つの団体で不明朗な会計処理の存在が発覚。調査したところ合わせて1145万円の使途不明金が明らかになりました。

 会計担当だった元役員の女性は聞き取りに対し着服を否定していましたが、協議会は女性が5年間にわたって着服を繰り返していたのは明らかとして、12日業務上横領の疑いで刑事告訴しました。

 協議会は「徹底的な捜査を望む」と話しています。