長さ3.6m! 『手延べそうめん』作りが最盛期 主に贈答用に全国から注文 愛知・安城市

東海テレビ カテゴリ:地域

 愛知県安城市特産の手延べそうめん作りが最盛期を迎えています。

 手際よく延ばされるそうめん。長さは3.6メートルにもなります。

 江戸時代から作られてきた安城市和泉地区の手延べそうめんは、一度乾燥させた麺を半生の状態に戻す独特の製法で、そのコシとのど越しが人気です。

 6代続く製麺店では、ベテランの職人らが小指ほどの太さに延ばした麺をさらに竹の棒を使って手際よく伸ばしていました。

 この手延べそうめん、主に贈答用として全国から注文が来るということです。