大灯籠を奉納「雨乞い祭り」 長野

長野放送 カテゴリ:地域

長野市では9日夜、33個のちょうちんがついた大灯籠を奉納する「雨乞い祭り」が行われた。

「雨乞い祭り三十三燈籠」、通称「さんじょさん」は、長野市篠ノ井の長谷寺で毎年8月9日に行われる。江戸時代、日照りに悩まされた住民が始めたとされている。高さ10メートルの大灯籠には、33個のちょうちんがつけられ、祭りのクライマックスでは、大燈籠を倒して境内から引きずり出す。猛暑と少雨が続く今年は、例年以上に雨を願う本気の祭りになった。