復興支援のカキ小屋オープン

富山テレビ カテゴリ:地域

東日本大震災からの復興を支援しようと富山駅前で期間限定の「カキ小屋」が始まった。

この出張カキ小屋は宮城県で養殖されたカキの消費を増やすことで、東日本大震災で被災したカキの養殖業者を支援しようと、ボランティアなどでつくる「かき小屋実行委員会」が全国で開いているもの。カキ小屋では、訪れた人たちが購入したカキを炭火で焼くなどして、一足先に冬の味覚を堪能していた。

宮城県はカキの産地として全国的に有名だが、震災で養殖施設が大きな被害を受けたほか、原発事故による風評被害でいまでも販売される数が少ないままだということ。

このカキ小屋は今月24日まで営業予定。