伝統行事 走りやんこ~福井・勝山~

カテゴリ:地域

消防団員が火消しの纏を持ち市街地を駆け抜ける福井県勝山市の伝統行事「走りやんこ」が13日、行われた。

同市の無形民俗文化財「走りやんこ」は、江戸時代、消防団の前身とされる消防組が走りを競い合い体を鍛えた訓練のひとつで、その伝統を受け継ぎ明治29年に勝山で大火があった4月13日に毎年行われている。市内の消防団員180人が15区間、2.6kmのコースをリレー。勇ましくまちなかを駆け抜けた。一番の見せ場はゴール直前の長山登り口の中継点。長さ1.5m、重さ3kgほどの纏を高台で待つ団員に力いっぱい放り投げてバトンタッチ。見事にキャッチすると大きな声援が送られていた。