ホーランエンヤ 馬潟地区「笠揃い」本番さながら

カテゴリ:地域

 日本三大船神事のひとつホーランエンヤの開催を2週間後に控え、神事を担う地区の一つ・馬潟では地元でのお披露目となる「笠揃い」が行われた。

 4日午前5時半、松江市馬潟地区の公民館には、本番と同じように化粧をし、衣装に着替えるため、櫂伝馬船に乗る踊り子らが集まった。

 汗で化粧が落ちないように顔にロウが塗るが、その痛みで顔をしかめる子も…。一人一人の顔に合わせて化粧を考えているということで、男役の「剣櫂」だけでもそれぞれ表情が異なる。

 化粧の後に本番用の衣装に着換えた踊り子たちの顔は、徐々に引き締まっていった。そして、本番さながらのリハーサルとなる笠揃いが行われた。その華やかな舞で見物に訪れた地元住民を魅了した。

 ホーランエンヤは、今月18日から26日までの9日間執り行われる