10月の熊本城『特別公開』は入城規制も

カテゴリ:地域

熊本城で今年10月5日から行われる『特別公開』について熊本市は24日、観覧者2000人程度を目安に入城規制を実施することを明らかにしました。特別公開は一部の期間を除いて日曜・祝日に実施し、二の丸広場から工事用スロープを通って天守閣前広場までのルートで、復旧工事中の熊本城を公開するものです。入城制限は工事用スロープの耐荷重などを踏まえて安全確保のために行うもので、公開エリア内の観覧者が2000人程度になった時点で状況を見ながら、その後は数百人単位での入城を促す想定です。誘導などのため警備員を現在の7人から22人に増やして対応することにしており、入園料は被災前と同じ大人500円、中学生以下200円、キャッシュレス決済も導入予定です。