「令和」にちなんだ清酒販売へ

カテゴリ:地域

まもなく迎える改元を前に新元号「令和」にちなんだ

清酒が販売されることになりました。

延岡市で日本酒を醸造している千徳酒造は、

「令和」にちなんだ清酒2種類を製造しています。

このうち「大吟醸 令和」はフルーティーですっきりとした味わいが特徴で、

ラベルも新時代の幕開けをイメージしています。

また「純米酒 令和」は 

県内産の山田錦を使用したアルコール度数14パーセントの清酒で、

ラベルには春らしく桜をあしらっています。

千徳酒造の門田 賢士 社長は

「5月1日にぜひご家族で、皆さんで令和を祝って乾杯していただきたい」と話していました。

千徳酒造では改元を前に今月28日に開くイベント限定で

「令和」にちなんだ清酒を販売することにしています。