夜空を焦がす夏恒例の火祭り 600年前の海賊退治を再現 迫力満点の花火が観客魅了 静岡・西伊豆町

カテゴリ:地域

西伊豆町の堂ヶ島で24日、毎年恒例の「火祭り」が行われ海賊船を炎上させる仕掛け花火などが観光客を魅了しました。

堂ヶ島火祭りは600年ほど前に海賊に苦しめられていた住民が火のついた矢を放って退治したという故事に基づいて行われています。

午後8時、カウントダウンのあと打ち上げ花火が始まり、夜空に大輪の花が咲きました。

下田市から駆けつけた勇壮な手筒花火も披露され、会場を盛り上げます。

そして海賊討伐の再現で、船に乗り込んだ人が花火の矢を放つと仕掛け花火が始まりました。

そしてフィナーレに盛大なスターマインが打ち上げられると、訪れた人は迫力満点の花火に歓声を上げ、夏の始まりを告げる火祭りを存分に楽しんでいました。