オレオレ詐欺の手口で600万円だまし取った疑い 19歳の少女を詐欺グループに勧誘か 山梨の男を逮捕 大分県警

カテゴリ:地域

息子を名乗るオレオレ詐欺の手口で臼杵市の女性が現金600万円を騙し取られた事件で13日夜、新たに山梨県の男が逮捕されました。詐欺の疑いで逮捕されたのは山梨県昭和町の飲食店従業員藤原公貴容疑者29歳です。警察によりますと藤原容疑者を含む詐欺グループは5月、臼杵市の74歳の女性に電話をかけ息子を名乗った上で「知り合いの会計事務所から金を借りたが至急、補填しないといけなくなった」などと嘘を言いました。そのうえで大分市坂ノ市中央の空き地に女性を呼び出し現金600万円を騙し取った疑いが持たれています。この事件を巡っては現金の受け取り役として山梨県南アルプス市に住むアルバイト従業員の19歳の少女がすでに逮捕・送検されていて藤原容疑者は、この少女を詐欺グループに勧誘したとみられています。警察は、余罪について調べるとともに犯行グループの全容解明を進めることにしています。