総事業費は400億円以上 大分県内最大のホテルが大規模リニューアル発表 インバウンド対策も 別府市

カテゴリ:地域

大規模なリニューアルを予定している別府市の杉乃井ホテルが12日、計画概要を発表しました。2025年までに2つの新しい客室棟の建設などを行う計画で総事業費は少なくとも400億円に上るという。1944年開業の別府市の杉乃井ホテルは現在、客室数およそ650室で最大3000人近くを収容できる県内最大の宿泊施設です。しかし、客室棟の耐震化や老朽化などが課題となっているためホテルを運営するオリックス不動産が大規模なリニューアルを行うことを決めた。それによりますと敷地内に2つの新しい客室棟を建設するほか今ある客室棟のうちHANA館は建て替え工事を行い本館は解体するということです。リニューアル工事により客室棟は1つ増え客室は700室前後になる見込みです。すでに一部の施設で工事に着手していて営業は続けながら順次工事を進めていく計画です。総事業費は少なくとも400億円に上るという。オリックス不動産・似内隆晃副社長「今まで通り地元の方に何度も来ていただける、それも3世代で楽しんでいただけることを意識しながら時代の流れとしてはインバウンドの方々も増えてくるので3棟ごとにそれぞれの特色もつけて皆さんに喜んでもらえる施設にしていきたいと思っている」リニューアルは2025年までに完了する予定。