「アメフトは危険じゃないよ」県立大部員が小学生に魅力伝える

福井テレビ カテゴリ:地域

永平寺町の県立大学で17日、小学生を対象にしたアメリカンフットボールの教室が開かれた。

この教室は去年起きた日大アメフト部の危険タックル問題を受け、競技の本当の魅力を子供たちに伝えようと県立大アメフト部が初めて企画した。ラグビースクールに通う小学生約30人が参加し、基礎練習のキャッチボールでは学生が実演を交えながらボールの正しい持ち方やきれいな回転で投げるためのフォームをアドバイスした。この後、チームに分かれてゲームも行い児童たちは声を掛け合いながらパスを出したり、連携プレーから得点を決めたりアメフトの魅力に触れていた。