平井県政 4期目スタート

カテゴリ:地域

 今月7日の鳥取県知事選挙で当選した平井知事が、選挙後初めて県庁に登庁し、県政史上最多に並ぶ4期目の平井県政がスタートした。

 平井知事は午前10時、自宅から徒歩で県庁に登庁。本庁舎の玄関ロビーでは、野川副知事をはじめ約300人の職員が出迎え、花束を渡して4期目スタートを祝った。そして、約20日ぶりに知事室の席に座り、公務を再開した。

 平井知事は鳥取から新時代を切り開くことを柱にした選挙公約を実現するため、新たなプロジェクトチームを立ち上げ、関連予算の編成や県庁の組織改編などについて検討していく考えを示した。