名水のまち大野ピンチ

福井テレビ カテゴリ:地域

暖冬による雪不足の影響で大野市では地下水の水位が下がり続け12日、市民に節水を呼び掛ける地下水注意報を発令した。

大野市は12日、地下水の観測の基準地となっている春日公園で地面から地下水までの距離が注意報レベルの6メートルを超えたため地下水注意報を発令した。市では毎日市内32カ所で地下水の水位を測定しているが2月の降水量が91・5ミリと例年の6割以下にとどまり地下水位の低下が続いている。例年3月以降は雪解け水の影響で地下水が回復する傾向にあるが今年は雪が極端に少なく今後の水位の上昇も見込めない状況で市は節水を呼び掛けている。