38(サバ)の日 鯖江でサバ食べる 

福井テレビ カテゴリ:地域

3月8日は語呂合わせで「サバの日」だ。

市の名前にも入っている鯖江市ではサバで地域活性化しようと様々なサバ料理が楽しめるイベントが開かれた。「38鯖の日SABAEの日」と名付けたこのイベントは市の中心部の区長らでつくるまちづくり応援団が地域活性化を目的に去年から開いているものだ。会場の鯖江公民館では市内の飲食店などが用意した炭火で焼いた丸焼きサバ600本をはじめ、焼サバずしやへしこを使ったパスタなどサバ料理16品が販売され午前10時の開始と共に多くの人が訪れた。飲食スペースで早速、購入したサバ料理を味わう人もいた。