JR木次駅にホワイトデー用の駅看板

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

島根県雲南市にあるJR木次駅で、ホワイトデーにちなんだ駅看板が登場した。

木次(きすき)の「すき」がハートマークになった駅名看板。先月のバレンタインデーでは、天使の手にあった矢が・・・ハートを射抜くデザインに。

「恋がかなっったという意味が込められています」(JR西日本木次鉄道部 須山美穂さん)。もともと「すき」がハートマークになった看板は、大分県の臼杵(うすき)駅にあったもので、「すき」つながりで去年4月から木次駅でも使用している。

JR西日本によると、反響は大きいということで「木次線の利用者促進と雲南市の知名度アップにつなげたい」と話す。この看板は4月7日まで設置される。