鳥取マラソンに過去最多4300人

山陰中央テレビ カテゴリ:地域

鳥取県内唯一のフルマラソン大会『鳥取マラソン』が開催され、過去最多4300人のランナーが早春の因幡路を駆け抜けた。12回目の鳥取マラソンは午前9時に鳥取砂丘をスタートし、仁風閣など鳥取市の市街地を走るコース。参加人数は年々増え、今大会は北は北海道、南は鹿児島、さらに海外から過去最多の4300人が出場した。

雨も降る中、給水所では、温かな豚汁や鳥取県産の梨などを振舞い、ランナーをもてなした。

制限時間は6時間、トップのランナーは大会新記録の2時間22分23秒でゴールした。