新型肺炎の感染拡大で経営に打撃…中小企業を愛知県が支援へ 融資制度の対象を拡大

カテゴリ:ビジネス

 愛知県は新型肺炎への感染拡大で経営に打撃を受けた中小企業を支援するため、県の融資制度の対象を拡大することを決めました。

 愛知県には直近3か月間の売上が前の年の同じ時期に比べ3%以上減った中小企業に低金利で資金を融資する制度がありますが、新型肺炎の広がりで経営に打撃を受けている企業が増えていることから、その対象を拡大します。

 具体的には直近1ヶ月間の売上が3%以上減り、その後2か月間も減る見込みの中小企業も対象に入れ、最大8000万円の融資を受けることができます。

 県などの窓口には、中国からの団体客の宿泊キャンセルが相次いだホテルや、中国の工場の稼働や仕入れに影響が出た製造業などから相談が相次いでいて、県は2月18日から新制度での融資の申請を受け付けます。