プロ投手と初対戦…中日・ルーキー石川4打席でノーヒット 根尾はヒットで出塁し先制ホーム踏む

 強い日差しが照り付ける、沖縄・読谷球場…。キャンプ中のドラゴンズ二軍が、初のプロチームとの練習試合を行いました。主力の大島選手や平田選手のほか、根尾選手も出場しました。

 試合は初回、根尾選手がヒットで出塁すると、その後大島選手のタイムリーで先制のホームを踏みます。

 一方、6番サードで出場した石川昂弥選手。

 プロとの初対決はベイスターズの井納投手でしたが、第1打席はサードゴロ。第2打席はフォアボールで出塁すると果敢に盗塁を狙いますが、惜しくもアウト。第3打席はセンターフライ。第4打席は見逃し三振と、プロのピッチャーとの初対戦はノーヒットでした。

 それでもただで終わらないのがスーパールーキー。守備では三塁線の難しいゴロを見事アウトに。ダブルプレーもとるなど安定したプレーを見せました。

石川選手:

「7個アウトにしたんですけど、ほとんどイージーな打球だったんで、それを確実にさばけたのは良かったかなと思います。4打席立って1本も打てなかったですけど、それはしっかり前向きにとらえて、これからしっかりと今日したミスを生かせればいいかなと思います。開幕で1軍にいるというのが自分の目標なので、それを達成できるように頑張りたいと思います」