NGT48 山口真帆さん襲撃事件 第三者委員会の調査でメンバーの“つながり”認定も不問に

新潟を拠点に活動するアイドルグループNGT48のメンバーが去年、自宅マンションの玄関先で男性2人に暴行を受けた事件について、第三者委員会による調査結果が発表された。これを受け運営会社のAKSが3月22日会見を開いた。

AKB48の姉妹グループNGT48の中心メンバー山口真帆さんが、今年1月インターネットの生配信で訴え、初めて発覚したこの事件。

山口さんは、去年12月の公演終了後、自宅の玄関先に二人の男性が押しかけ、顔をつかまれて押されるなど暴行を受けたことを涙ながらに告白。

山口真帆さんのSNS:
あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそのかしていました

と同じNGT48のメンバーが男性たちをそそのかしたと訴えたのだ。

この事件で暴行容疑で逮捕された2人は、暴行について否認。不起訴となり釈放されている。

運営会社のAKSは、今年2月、事件を調査する第三者委員会を設置、3月21日、その調査結果が発表された。

委員会側は山口さんをはじめNGT48のメンバーらに面談や書面による調査を行ったところ、全41人のうち36人が、他のメンバーがファンとつながっていると報告。プライベートでファンと接触する“つながり”は禁じられているが、委員会側は今回の事件の関係者と「複数回個別に会っていたメンバーがいる」などとして「噂レベルでなく具体的な事実として垣間見ることが出来た」と断定した。そして具体的に12人の名前が挙がったということだ

山口さんは事件の背景にメンバーとファンの不適切な関係があると指摘していたが、調査結果からも裏付けられることになった。

また事件そのものについては…

AKS会見:
山口真帆に対し顔面をつかむ暴行が行われたという事実が認められましたが、本件事件そのものへのメンバーの関与はなかったとの判断がなされました。

事件に他のメンバーが関与した事実は認められなかったが、一方で、報告書は「偽証に対する制裁がないため真実を供述したという客観的な担保はない」ことも指摘した。

そして運営するAKSについては、劇場支配人やマネジャーの役割、権限が不明確だったと指摘。メンバーの送迎や住居の安全管理を怠り、危険に対して「メンバー自らが対処しなければならなかった状況にあった」としている。

またAKSは会見で、暴行を働いた男性らに民事上の法的措置を検討することを明らかにした上で…

AKS会見:
今までNGT48内での私的領域でのファンとのつながりを含め、メンバー同士の誹謗中傷など風紀の乱れ全般において、今回は不問にさせて頂きたいと思います

またこの報告書について伝えられた山口さんの反応について…

AKS会見:
山口に説明をしたときは、やはり「私が言ったことがちゃんと書いていないじゃないか」という不満は持っておりました。「これがすべてだよ」と言われて「あっそうですか」と納得している感じではありませんでした

私的なつながりがあったメンバーについて、今回は不問にするという方針について、この記者会見のさなかにツイッターを更新した山口さんは…

山口真帆さんツイッター:
只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に「(ファンと)繋がっているメンバーを全員解雇する」と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません。

山口さんのツイッターの件を記者から聞かれると…

AKS会見:
見ているんだなというふうに感じました。私どもとしては精いっぱいコミュニケーションをとってきたつもりですけど、やはりそういう指摘を受けるということは不足しているんだなというふうに思います。

(プライムニュース イブニング3月22日放送より)

プライムニュース イブニングの他の記事